オオクワガタ幼虫育成の反省

今回羽化したオオクワガタのメスは落札時のデーターでは 体重が11gとかなり期待の持てる大きさでした。 オオクワガタの場合は体重の他に 頭幅も重要になってくるのですが そこまで詳しく載せてる人はあまりいないようです。 うちでも現在のところは計測しておりません。 当初11gの幼虫がなぜ8~9gまで落ちてしまったのか・・ オオクワガタの幼虫の中には菌が生きているそうです。 その菌の…

続きを読む

羽化後1日経過

昨日羽化した香川綾歌産のメスのオオクワガタは 1日経過して羽もきちんとしまってきれいな光沢を放ち始めました。 まだ羽は黒くはなってはいません。 人工蛹室は落ち着かないのかたまに動き回って ひっくり返っているのが心配なのですが。。。 羽化してまだ間もないので1週間位はこのままにしておく予定で その後は飼育ケースに移して冬眠してもらう予定です。 快適BOXは限りがあるのですべて…

続きを読む

オオクワガタの羽化

オークションで購入したメスの1頭が 成人の日の本日無事に羽化を開始しました。 香川の綾歌産で野生採取のオス(WD)と 野生採取のメスから産まれたメス(WF1)から産まれた子を 11月にオークションにて落札したものです。 ペアで落札しましたがオスの方はまだ白い色をした幼虫なので 蛹化はまだ先になりそうです。 メスの方は落札時のデーターでは11gだったのですが 慣れない輸送や…

続きを読む

菌糸飼育

ニジイロクワガタの幼虫は全部で10頭いるのですが、 1頭だけ試しに菌糸カップで飼育していました。 その1頭だけやはりかなり成長したので 残りの9頭も菌糸カップで飼育することにしました。 使用する菌糸はオオヒラタケ菌でうちでは主に大夢を購入し オオクワガタやヒラタクワガタで使用しています。 大夢を利用するのは透明ボトルで観察しやすいのと 温度管理していても比較的熱に強いので扱いやすい…

続きを読む

人工蛹室

本来は蛹室は自分が作ったものが良いのですが、 菌糸瓶を交換後に蛹になってしまったため 満足な広さがないので人工蛹室(バケラッタ君)に 移すことにしました。 とはいえある程度は体が固まってからでないと危ないので 数日はそのままにしていたのですが 色も少しづつ茶色になってきましたので 今日思い切って作業に取り掛かりました。 使用方法はケースに水を1cmほどはり その上に人工的な…

続きを読む

闘虫

虫同士を戦わせることを闘虫と呼ぶそうですが、 昆虫相撲など各地でそういったイベントはあるようですね。 まあ、うちで飼育している虫たちをだそうとは思いません。 ちなみにカブトムシとクワガタはどちらが強いだとか いろいろと友達の間でも議論はあるのですが 基本的にどの種類がつよいとかは あまり簡単にはいえなそうな気がします。 オオクワガタは昆虫の中ではパワーがありますが 性格は…

続きを読む

話題作り

ゲームサイトに登録させていただいても この時期はなかなかゲームにのめりこむのも難しいです。 実はドラクエ9以外に「ルーンファクトリー3」も購入したのですが まだ全然やっていません。。。 新年になったらやりこもうかと考えています。 この時期は特にこれと言って クワガタ飼育に関しても大きな話題がありません。 特に成虫はほぼ冬眠状態。 ニジイロクワガタは数日前まで 懸命にえさを食…

続きを読む

オオクワの蛹化とカブトマットの交換

オークションで購入した香川産のオオクワの幼虫のメスが 菌糸がカビがひどかったので交換したのですが、 すでに色づいていたので蛹になってしまうのかな?とは思ってましたが、 結局もぐらずにふたの下の部分で蛹化してしまいました。 オークション購入時では10gだったものが 交換時には8gまで落ちてしまい 結局大きな個体にはならなかったですが、 まずは無事に羽化してほしいと願っています。 た…

続きを読む

ニジイロ幼虫の採取

一番最初にニジイロを飼育していた容器には まだ古い土が残っていたのですが、 冬になるのでこの土を捨てる事にしました。 ただ、外国産のニジイロクワガタなので簡単には捨てられず、 1度にすくう量はスプーン1杯分。 それを新聞紙の上に薄くなるように広げて 調べながら捨てていきます。 放虫は絶対に防がなければいけませんから。 最初のうちはなかなか出てきませんでした。 半分以上を…

続きを読む

温度管理の難しさ

常に一定の温度に調整できる温室はやはり魅力です。 特にこの時期は朝晩の冷え込みは厳しいですし、 日中との温度差が激しくなります。 温室はコストの面でも導入が難しいので、 我が家では快適BOXを使用していますが、 菌糸瓶自体が呼吸をしているため、 1日1度は空気入れ替えのためにふたを開けます。 平均温度は21度前後なのですが、 湿度が高いのか水滴が発生します。 これを適度に取…

続きを読む

次にクワガタを買うなら

現在クワガタはニジイロクワガタとオオクワガタだけですが、 次に買ってみたいと思うのはヒラタクワガタです。 理由としては比較的長寿で飼育も楽なので♪ そういう意味ではコクワガタでもいいんですけどね。 マット産みなのもいいですね。 ただし、ヒラタクワガタの場合ペアリングが難しいようですね。 後はアクアリウムもやってみたいですね。 育てる以上はやはり見る楽しみもほしいですし。 ただ…

続きを読む

菌糸ボトルを3本交換

菌糸ボトルはある程度の大きさがないと 大きくは育たないとの事なので 2ヶ月弱ではありましたがPP440のものを 本格的な冬を前に交換することにしました。 まあ、快適BOXで飼育中なので 冬もあまり関係はないかもしれないですが。 交換したボトルはオオクワガタ飼育を始めた頃、 ホームセンターで購入したフジコン製のものです。 メーカーは有名なのですが 菌糸の種類がよくわからない為…

続きを読む

菌糸瓶投入と交換

オオクワガタの幼虫飼育で菌糸瓶の交換は ひとつの楽しみでもあります。 まあ、今年から始めたオオクワガタ飼育なので まだまだわからないことも多いのですが。 今回はオークションで購入したペアーと ショップで購入した菌糸カップ入りの3頭を瓶へ投入しました。 オークション購入のペアはすでに3令で、 先月投入されたばかりなのですが2つとも青カビが 発生してしまったので取り替えること…

続きを読む

土の中と木の胴

普段オオクワガタは土の中にもぐっているのですが、 今朝はかなり冷え込んだにもかかわらず、 雄の何頭かは洞に隠れていました。 さすがに寒いので活動はほとんどしませんが 正直土の中の方が暖かそうな気もするのですけどね。 まあ、うち1頭はもう1カ月近くも洞の中で生活しています。 うちでつかっているのは天然の木を切りぬいて 上の部分がえさ皿になっている ”インセクトシェルター”という…

続きを読む

越冬準備

オオクワガタやニジイロクワガタの幼虫は 保温BOXで管理しているので特に必要ないのですが、 成虫とカブトムシの幼虫は越冬の準備を少しづつ始めています。 越冬と言ってもあまり大げさなことはしませんが、 基本的にはマットを多く詰める作業から始めます。 後はゼリーを通常は食べやすいようにふたの部分を 大きめに十字に切りこみを入れますが、 冬場はそんなに食べることもないので小さめに切れ…

続きを読む

ニジイロクワガタ3頭目

今朝温室BOX(正しい名称は快適BOX)内を覗いた際には まだ卵であったものが先ほど覗いたら孵化していました。 今までの孵化の幼虫よりも少し頭が大きく感じます。 本日は休みだったためホームページも少し手直したのですが、 いろいろデーターなどを見比べてみると、 温室管理と菌糸瓶はやはり重要な要素である事がわかります。 最初にショップで購入した長野産のオオクワガタの幼虫は …

続きを読む

昆虫の温度管理

現在は我が家には飼育中の昆虫として、 もらいうけた♂と購入してきた♀から産まれたカブトムシの幼虫が5頭。 店頭で購入したニジイロクワガの成虫ペアが2頭、 オオクワガタの成虫が♂4頭・♀5頭。 オオクワガタの幼虫が6頭おります。 現在のところ温度管理で育てているのはオオクワガタの幼虫だけです。 成虫に関しても温度管理を考えたりはしたのですが、 活動期間が長いと寿命も短くなるような事を…

続きを読む