週末は白馬村へ避暑に

ETC土曜・休日特別割引を利用して
妻の実家白馬村まで避暑に出かけました。
今回はお盆をずらしての旅行だったので宿をとることにしました。
20日の深夜に出発し、関越自動車道練馬インターから
途中サービスエリアで休憩を入れながら上信越道の長野インターを下車。
土曜日の朝に下車したのでETC割引で料金は1600円。
画像

川中島古戦場、善光寺と見学した後に白馬村へ。

長野市から白馬までは白馬オリンピック道路を利用して約1時間ほどですが
山道の好きな自分は国道406号線をいつも利用しています。
何度も利用しているの道路なのであまり気にはしていないのですが、
初心者や初めての方にはあまりお勧めできない道路です。
この道路は途中すれ違いのできない場所やカーブが多く
路線バスもたまには通ります。国道というよりは酷道ですね。
それでも利用する訳は白沢峠のトンネルを抜けた時に見える
北アルプス(白馬三山)が絶景だからです。
これを見るためにわざわざ過酷な道を登ってくる人も少なくありません。
前年ながらこの日は雲が多くはっきりとは見えませんでした。


白馬村は自然が多く高地に位置しているため、
夜間はかなり冷え込みます。当日の夜は20度前後と快適でした。
周囲は山に囲まれているため、カブトムシやミヤマクワガタ・オオクワガタなども多く
他にも7月頃にはホタルなども見ることができます。
ただし、山にはマムシや熊なども出るので注意が必要です。
今年は駅前で熊がごみをあさっていたなどの情報があります。


白馬村には温泉も多く日帰りで利用できる施設が多いのも特徴です。
お盆過ぎではありましたが土日ということで
道の駅などの施設はかなりの人で賑わっていました。


帰りは長野道の豊科から中央道を経由して帰宅したのですが、
途中小仏トンネルで20キロ前後の渋滞に巻き込まれた為に
帰宅は夕方になってしまいました。
長野道豊科から中央道高井戸までの利用料金はETC割引1400円でした。


ちなみに関東から白馬村までは車以外の交通手段としては

高速バス(1日4往復程度・混雑時は臨時あり)で
新宿バスターミナルー白馬八方が約4時間半度。

長野新幹線長野駅下車、白馬まで特急バスで長野駅から約1時間。

特急・あずさ3号(千葉発→南小谷行き)
新宿7時半発、白馬11時28分着。

快速・ムーンライト信州81号(臨時列車。主に金曜日と繁忙期運転)
新宿23時54分発、白馬5時40分着などがあります。

"週末は白馬村へ避暑に"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: