オオクワガタ

久々に休みが取れたために
気になっていたクワガタの幼虫の様子を見ることにしました。
菌糸瓶にいたっては数本に劣化が見られましたが
ほぼ良好な状態であったので
劣化の見られるものを中心に交換することとしました。

オオクワガタはほぼ昨年の夏から
秋にかけて割り出したものがほとんどであるので
まだまだ成長途上ではありますが
一部についてはマットで飼育していたので
成長の順調なものも菌糸瓶に入れる事もしました。

画像


マット飼育していたものではおおむね5gから6gでしたが
菌糸を交換したものは17g、18g、20gと順調な成長をしていました。
この3頭についてはいずれも前回が5gか6gのものなので
今後もまだまだ成長がたのしみな幼虫です。


なお、我が家では菌床については昨年末から
月夜野きのこ園さんのbasicシリーズを使用しています。

この記事へのコメント

  • ひさ@くわがた

    月夜野きのこ園さんは人気がありますよね。
    私はマットを使っていました。
    2011年02月25日 00:02
  • ayatoku

    菌糸瓶はきのこを専門でやっているところのほうがよいと前に聞きました。
    ガラス瓶の為にプラやペットよりも温度管理も観察もしやすいので重宝してます。
    2011年02月25日 23:53

この記事へのトラックバック