魚沼産が参戦

我が家のオオクワガタファミリーに
新潟県魚沼産のペアが新たに加わりました。
魚沼産は幼虫を3頭購入していたのですが、
オス1頭は蛹で死亡してしまい。
残り2頭はメスで羽化した為にオスを探していたのですが、
なかなか魚沼産の成虫が出回っておらず、
今回ようやく見つけたのでオークションにて落札しました。

画像

体長は約7センチで今年の5月に羽化したばかりです。
幸いにうちのメスも今年の春に羽化したので
今年1年は大事に育てて、来年ペアリングの予定です。


現在はカブトムシ・ニジイロクワガタの2頭が蛹化を確認しています。
画像

ちょっとわかりづらいのですが瓶底に蛹室を作った
ニジイロのメスの蛹です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • ひさ@くわがた

    オオクワはおとなしくて可愛いです。
    アンテも基本は同じですが、80mmを超えると力が強くて大変です。先日、プラケの蓋をこじ開けて脱走してしまいました。見付かりましが…。(汗)
    2010年06月10日 12:19
  • ayatoku

    プラスチック製の蓋は飼育ケースが大きくなると甘くなる傾向があるようですね。
    うちもカブトムシは大サイズのケースを使用してますが、
    昨年カブトムシのメスが2度脱走しました。
    オオクワガタは洞つきの木の中で昼間はおとなしくしてます。
    2010年06月11日 23:55

この記事へのトラックバック