産卵セットを組む

ゴールデンウィーク最終日の今日は
1週間前からペアリングを始めていた村正系のメスを
産卵セットへ投入しました。
使用した産卵木はクヌギでマットは未発酵の微粒子の物を使用します。
発酵済みマットは幼虫の餌としても使えて便利ですが、
産卵木の湿度を一定に保ちにくいのと、虫がわきやすいので
通常成虫飼育にはヒラタ系・ニジイロ系以外には使用していません。
オスは従来の飼育ケースへ戻ってもらいました。

それとは別にホワイトアイ系のペアリングも行うことにしました。
系統を保つことはクワガタ飼育の楽しみでもありますが、
やはり近親交配になりやすいのがネックですね。
ブランドを保つか健康を優先するかは今後の課題です。


先日羽化したれもんも元気にしているようでした。
画像

この子は今年はブリード予定はありませんが、来年頑張ってほしいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック