オオクワガタの羽化と蛹化

オオクワガタの福島産のメスが昨晩羽化しました。
画像

名前はなんとなくの思いつきでれもんにしました。
メスはだいたい果物系か花系の名前が多いので(笑)


他にはなかなか蛹化していなかった香川産のオスが蛹化していました。
ただ、菌糸の劣化も激しく水も溜まりはじめていたので
人工蛹室へと移しました。
画像

羽化の瞬間を見るにはこちらの方がいいですしね。
この子は幼虫時代が長かった為大きさはそこそこありそうです。

幼虫を飼育していく段階で最初に大きく育つのは
だいたい大きく育つ前に羽化してしまうか、メスが多いようで、
最初はゆっくりと成長していく幼虫時代が長い子の方が大きくなるようです。


オオクワガタの幼虫は残すところ
新潟県佐渡産のペアと新潟県魚沼産1頭の3頭のみです。


春になり活動も活発になってきた為、ペアリングを開始しました。
まずは村正系のペアから、
メスがよく食べていてオスも毎日活動しているので最初に選びました。
すでに交尾を目撃しているので愛称は良さそうです。
あまり1度にペアリングすると飼育スペースがなくなるので
徐々に様子をみて他も試していこうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ひさ@くわがた

     羽化ラッシュですね。
    1頭だけやたらと遅いのがいたりしますね。そのこは大きくなりました。
    2010年04月30日 18:46
  • ayatoku

    成長が早い子はやはり早熟傾向が強いですね。
    やはり幼虫時代が長い子の方が大きくなるみたいです。
    2010年05月04日 23:16

この記事へのトラックバック