オオクワ救出作戦

我が家の換気扇の調子が悪く、
ガスコンロもかなり古くなってきたことから
本日換気扇とガスコンロの取り換え工事を行うことになりました。

そこで昨晩コンロ周りの荷物や
コンロ下の棚の荷物を運び出す作業をしている際に
オオクワガタの幼虫が入っている菌糸瓶を一つ
玄関先の棚から落としてしまったのです。
しかも落としてしまったのは、
つい最近蛹になったばかりのオス。

蛹室は崩壊し中でもがいているのが見て取れます。
蛹といえば最も死亡率の高い時期で安静が大事な時期。

この子はオークションに珍しいゴールドアイとして
出品されていたのをペアで購入したものです。
前回瓶交換時の体重が19gなので
それほど大型のオスとは言えませんが
我が家ではメスが3頭羽化してますが
昨年から飼育を始めてオスは今回が初めてになります。

しかしなってしまったものは仕方がありません。
すぐに人工蛹室を用意し、
菌糸瓶から蛹を取り出す作業にかかります。
蛹の位置を妻が指示しそれを頼りに
菌糸を壊しながら慎重に掘り進みます。
この頃になるともう蛹はピクリとも動きません。。

ようやく蛹室の上の部分に到着、中の一部が崩れています。
瓦礫を取り除き慎重に取り出すために穴の部分を大きくしていきます。
完全に蛹が見えスプーンですくい上げます。
しかし、蛹は全く動きません。。
とりあえず人工蛹室へ静かに移します。

その瞬間、蛹が尻尾を動かしてくれました。
本来、蛹が動くのはよくないことなのですが
このときだけは動いて本当によかったと思いました。

画像


今思えばそういう作業もカメラとか捕らえておけば
のちにいい記録になったのかもしれませんが
当人たちは必至なのでそういうことも忘れてました。
後は無事に羽化してくれればと願うだけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

  • ひさ@くわがた

     うわー大変。
    大事に至らなければ良いですね。
    それもゴールドアイだったんですね。
    2010年02月12日 06:47
  • ayatoku

    なんとか今のところは蛹はおちついています。
    たまに向きは変えたりしてるようなので
    おかげさまで無事に生きているようです。
    2010年02月12日 23:56

この記事へのトラックバック